四国・岡山巡り~宇和島の夜編~

 宇和島といえば、やっぱり美味い飯でしょう。いろんなものが浮かびますが、「鯛めし」だけは外せませんね。ま、食べたものを順に紹介、ということで。
d0203850_121959.jpg

 ホテル真ん前のお店「がいや」さん。地元でも折り紙付きとのこと。通常のメニューの他に、
d0203850_1223990.jpg

 その日の特別メニューがずらり。特に海の幸が多いですね。
d0203850_124434.jpg

 付きだし。たこの酢の物ですが、居酒屋メニューと違って柔らかい。いつも残す嫁さんが“ぺろり”と食べていました。
d0203850_1255132.jpg

d0203850_1261137.jpg

d0203850_1262832.jpg

 愛媛といったら、「じゃこ天」は外せないでしょう。あと、岩塩でいただく「ざる豆腐」。新しい味覚でした。家でやってみたのですが、意外と難しい。「ポパイサラダ」。ほうれん草と温玉、そぼろでいただきます。
d0203850_12102616.jpg

 「だでまぐろ刺身」。本場の本マグロの赤身と中トロの盛り合わせ。舌の上でとろけて何とも言えず美味しい(^^)/~~。さすが、取れたて本場は違いますね。

 食事の締めはコレって決めていました。本場「鯛めし」。
d0203850_1215183.jpg

 まず、黄身の入ったタレをよく混ぜます。それに鯛の刺身を漬けてご飯の上に並べていきます。並べたら、のり、ネギ、わかめといった薬味を載せ、最後にタレを上からかけます。
d0203850_1218779.jpg

 コレで鯛めしの完成です。海鮮丼と違って、甘いタレと黄身がポイントですね。丼の横に、燦然と輝く「鯛めし」の文字がキ・キ・キラ~ン。コレ目当てに来ただけあって、美味しかったですよ。

 当然素面ではなく、生中を飲んだ後、地酒もチェック。
d0203850_1221012.jpg

 地酒の名門サカイさんの「黒松名門 うしおに」をいただきました。辛口とあったのですが、グイグイ飲め(あんたが飲んべえェだ・か・ら)ました。芳醇で切れ味バッチリでしたよ。

 総括すると「宇和島はとってもよい所」という印象を受けました。街の雰囲気や地元の人の活気、飯と酒の旨さ、お城。福井からはかなり遠い所ですが、また行ってみたい街になりました。

よかったら押してください。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
 
 
[PR]
by jun-go-chan | 2011-08-31 12:35 | 食(ご飯、メイン系)


<< 四国・岡山巡り~大洲城編~ 四国・岡山巡り~宇和島城編~ >>